社員が顔色を変えて社長の元に駆け寄ってきました。



『社長、問題です!』



さて、この時の社長の反応は?



1.お、なんだ、なんだ、俺がバシッと解決してやる!

2.お、教育のチャーンス!







会社においては問題だらけです。

むしろ問題こそが仕事そのものと言えます。



つまり社員は『社長、仕事です!』と言ってきているに過ぎません。

さて、それは誰の仕事なのでしょうか。



1のタイプの社長にはいつまでも同じレベルの問題で

社員が駆け寄ってくることになります。



2のタイプの社長は判断基準を教えます。



Aという状況になったらBという手を打ちなさい、

その結果C以外の状況になったらただちに報告すること。



このように教えれば同じレベルの問題が起きても、

社員にとって問題ではなくそれは社員の仕事となります。





社員を教育することで、社長が判断する機会を減らしてゆくのです。





【質問】その相談、本当に社長が判断することですか?





リーダーとして西郷さんの姿がとても勉強になります。



■翔ぶが如く <全10巻>