中小企業経営者は総じて決断力があります。

わりと悩まずにスパン、スパンと物事を決めてゆきます。

それは見ていて気持ちがいいのですが、

ちょっと待って欲しい時もあります。



社長が座る椅子であれば、社長の好みで決めて構いません。



しかし、商品の名前や色やイメージ、キャッチコピー、看板・・・

こういったお客さんの目に触れるものは、

社長の好みで決めてしまうと痛い目をみます。



私も含めて、悲しいことに普通のオジサンはセンスがありません。

ちょっとシャレた若い女性に聞いた方が確実によいものができます。



その上で、ABテストを行います。

センスのある人が選んだパターンをいくつか作り、

店頭なりHPに並べて実際の売れ行きを確かめます。

※それが難しければ街頭アンケートでも可です



100人に1人が選んだA商品、100人に2人が選んだB商品なら、

結果的に売上が2倍違ってきます。



社長の好みではなく、実際のお客さんの好みで決めるのです。





【質問】それ、社長の好みじゃないですか?





自分のことは自分が一番わからないんですよね。