私がサラリーマンをやっていたころは、

自分のルーチンワークをできるだけ無くすように心がけていました。

自分がやるべき仕事をどんどん細分化、マニュアル化して、

部下に任せていってしまう。



そうすると自分が暇になりますので、より細やかな部下のフォローや

ワンランク上の仕事ができるようになります。





課長が課長の仕事をしていたら、いつまでも部長にはなれません。

課長が部長の仕事をしているから、部長にするのです。

部長にしてくれたら部長の仕事をします、なんていうのは嘘です。



課長が課長の仕事で手一杯ならば、もしかしたら

その人は課長の器ではないかもしれません。



今の自分の仕事を無くせる人だけが、

より大きな仕事ができるようになるのです。





【質問】社長、その仕事、なくせませんか?





僕がサラリーマンでそれをやった結果、

あいつは部下に仕事を押し付けて遊んでばかりでダメだ、

という評価をいただきました。(^^;



上司が自分の仕事を守りたかったり、仕事をすることが罪悪感の解消

と思っている場合にはそうなりますね~。