たいていの中小企業はコミュニケーションが不足しています。



コミュニケーション不足、というのは簡単に言うと、

会話する時間が少ない、ということです。

私のコンサルティングの特徴として『わかりやすい』

ということがあげられます。



それは私が『わかりやすく話せる何か』を持っているのではなく、

相手の腑に落ちるまで、相手がわかる話し方を見つけ続けるからです。



この言い方で難しいようであれば、事例で話しをしてみよう、とか、

極論に言い換えてみよう、とか、プライベートの話しに絡めてみるか、

などなど。





私はコミュニケーションとは、伝える側の責任だと思っています。

受ける側が怪訝な顔をしていれば、腑に落ちた顔になるまで

伝え続ける責任です。



それでも心配なようであれば、何を言われたか自分で言わせます。

そうすれば、うん、ちゃんとわかっているな、なのか、

なんだ、やっぱり全然わかってないな、なのかがわかります。



中小企業社長はたいていせっかちですから、

10話せば10理解して欲しいと思ってしまいがちです。

でもそんなに効率の良いコミュニケーションはまずありません。



※ 気心の知れた社長同士なら、1話せば10理解してくれる、

  ということもありますが・・・



相手の顔つきをベースにコミュニケーションを進めましょう。





【質問】社長の指示、ちゃんと理解していると思いますか?





理解できていないようであれば、どうしましょう?