目先で得をしようと思うとたいてい失敗します。

損して得取れ。



相手から多くを貰うより、多くを与えている方が幸せです。

どんな人にでも共通する、たった一つの行動基準があります。

痛みを避けて快楽を得ること。



どんなに偉大な人でもダメな人でも同じ行動基準です。

でも行動基準は同じでも、人によって実際の行動は違っているのは

どうしてでしょうか。



それは損得までの距離感が違うからです。



偉大なことを成し遂げる人は、損得の回収までの距離を

限りなく遠くに設定しています。

反対にダメな人は、すぐ目先の損得に囚われています。



人は誰でも自分なりに合理的です。

合理的な判断として得をすると思う行動をしているわけです。



たとえば残業代です。

社員の立場としては残業代を貰うのは目先の得です。

でも残業のない仕事の仕方で会社の利益を上げ、

評価をされることが将来的な得です。



だから目先の得ではなく将来の得を選びなさいと、

社員にお説教をしても意味はありません。



社員は将来に得をするということについて、

会社を信頼していないから目先の得を選ばざるを得ないのです。



社長から見たら合理的でない社員の行動も、

社員本人にとっては間違いなく合理的なのです。





【質問】会社と社員、損得までの距離感は合っていますか?





経営者の仕事は周りの人間との損得を一致させることです。