目標を達成できる人と達成できない人の違いについてです。

数日前は『無茶な目標設定』というタイトルで触れましたが、

今日は根拠と確信について考えてみたいと思います。



目標を達成できるだけの根拠はありますか?



例えば、ソフトバンクの孫さんの例で考えてみたいと思います。



孫さんはほとんど売上のない中で、

『一兆、二兆と豆腐みたいに売上を数える会社になる』

と宣言し、実際にそうなりました。



この時の孫さんには多分客観的な根拠は何もありません。

あるのは目標を達成する、という確信だけです。



根拠は何かがあると崩れ去ります。

しかし理由のない確信は何があっても揺らぎません。



目標を達成すると確信ができたら、もう半分は達成できたも同じなのです。





【質問】目標を達成するという確信はありますか?



でも凡人の私は、同時に根拠も求めたくなります。(^^;