経営において値決めは非常に重要度が高い決定事項です。



私が一番古くから販売している『旅費規程活用マニュアル』ですが、

最初は10,500円から販売をスタートしました。

その後15,750円、21,000円、そして現在は29,800円です。



私の場合、値下げをするつもりはないので、

値上げはかなり慎重にしているつもりです。

※値下げ=既存客への裏切りと考えています



でもどうしてこのように値上げができるのかというと

価格センサーを付けているからです。



同じ旅費規程活用マニュアルですが、今は、

サポート付フルセットとして29,800円、

サポートの付かないバリューセットとして19,800円

という2つの価格で販売しています。



そして売れ行きを見て、高い方の割合が一定を超えたら

値上げを考えます。



もちろん、値上げ前にはいついつから値上げしますよ~、

お見逃しなく!というアナウンスもきちんとすることで、

なんとなく踏みとどまっていた方の背中を押してあげます。



商品に松竹梅を付ければ加重平均で客単価は上がる、

というメリットもありますが、

2つあるだけでも高い方が売れているか、安い方が売れているかという

値決めの方向性はわかるようになります。





【質問】商品に価格センサーを付けられないでしょうか?





商品自体は同じでも、配送のあるなしや、何かの分析や提案がつくなど、

いろいろ考えてみるといいですね。