先週末、船井総研時代から10年来のクライアント様の

60周年記念パーティーにお邪魔をしてきました。



私が申し上げるのもおこがましい限りですが、

こちらの社長、初めてお会いした時から比べると、

まさしく商売人から経営者へと、

社長として素晴らしい成長をされました。



商売人:自らのアイデアと頑張りで会社を創る人

    多くの場合、年商2~3億円が限界で疲弊している



経営者:社員のアイデアと頑張りで会社を成長させる人

    社内外を問わず多くの人を巻き込み、

    自分が本当にやりたいことをやれるようになる



中小企業社長が社員を、お客様を、仕入先を、関係者を、

そして家族を、自分自身を、本当に幸せにするためには、

経営者になることです。



そして、経営者になるためには、

「自分でなければダメだ」という囚われ、

自尊心を手放す必要があります。



私はそれを『ゆるい』と表現しています。

それは言葉通りのただの『ゆるさ』ではなく、

覚悟を決めた確信的な『ゆるさ』です。



自分の価値判断をミッション、ビジョンの実現だけに置き、

それ以外のことは全てニュートラルに判断することで、

ブレがなくなり自然体で強くいられるようになるのです。



何はともあれ、

W理事長、60周年おめでとうございます。

これからも周りの方を幸せにしてゆくために、

自然体でゆるく、

益々の発展をしてゆきましょう。





【質問】全ての判断は、ミッション、ビジョンの実現に基づいていますか?





そしてこれから会社を本当の意味で伸ばすのは、

ナンバー2以下、社員さんたちです。