ドラッカー博士は「現代の経営」の中で、

企業経営を3つの側面から考えるべきと主張しました。



1.顧客の創造:企業は顧客に価値を創造するためにある

   →顧客にどのような価値を創造(イノベーション)していますか?



2.人間的機関:企業はヒトを生産的な存在とするためにある


   →社員は業務をこなすだけでない生産的な存在になりえていますか?



3.社会的機関:企業は社会やコミュニティの公益をなすためにある


   →社会やコミュニティにどのように貢献していますか?



上記3つの質問に答えてみましょう。



いずれも現代に通じるコンセプトであり、

とても第二次世界大戦直後、60年前の主張とは思えないのがすごいですね。





【質問】ドラッカー流『企業経営3つの側面』から経営を考えていますか?





この3つは、ミッションを実現するために必要な『現実』と言えます。