あまりうまくいっていない会社にコンサルティングに

入らせてもらうとそこの社員さんから、

「私たちは十分に頑張っています!」

と主張されることがよくあります。



本当に、どの程度、頑張っているのかはひとまず置いておいて、

頑張ることと結果については2軸のマトリックスで考えることができます。



1.頑張ることが、  できる  /  できない

2.頑張る内容が、 合っている / 間違っている



そもそも頑張ることができなければ、

まぐれはあっても継続的にうまくいくことはないでしょう。



またいくら頑張ることができても、頑張る内容が間違っていれば、

うまくいくことはありません。

うまくいくには正しい頑張りが必要です。



もしもうまくいってないのなら、

頑張りが足りていないのか、頑張り方を間違えているのか、

見直してみましょう。





【質問】正しく、頑張っていますか?





そうすれば、必ず結果が出ます。