作業と仕事、似たような言葉ですがどんな違いがあるのでしょうか。

例えばある社員に「不良率を低減する」という仕事を任せたとします。



以下の1から4を繰り返し、実際に不良率を低減するのが『仕事』です。

1.不良の発生状況のデータを取る

2.データから傾向を分析する

3.改善策を立てる

4.改善策を実行する(1に戻る)



しかし往々にして仕事ではなく『作業』をしている場合があります。

不良の発生状況のデータを取り分析するだけで終わっていませんか?

「作業者Aが原因で、注意をしているんですけどね・・・」

こんな報告をするだけではただの『作業』です。



「作業者Aが原因ということが分かったので、こういう指導をしています。

 〇日以内に改善しない場合は配置換えをします。」

このようにどんな手を使ってでも、実際に不良率を低減させるのが『仕事』です。



会社が決めた方向になかなか進んでいかないのは、

『仕事』ではなく『作業』をさせているからではありませんか?

『仕事』を任せましょう。





【質問】あなたの会社の社員は作業者ですか? それとも仕事人ですか?





実際に仕事の成果を上げさせるのが、リーダーの役目です。