会社を社員の居心地の良い場所にしてはいけません。

人は誰しも今のままの状態が心地よいものです。

しかし環境は常に変化しており、今と違った努力か今以上の努力を人に求めます。



中小企業の場合、新しい人の採用や、組織の再編は滅多に行われません。

そのため暗黙知が暗黙知のまま、経験がなにより重視され、

新しいチャレンジができなくなってゆきます。



もし社長が再編をおこなうと決めたのに幹部の猛反発にあって取り下げたりすれば、

悪しき実績を作ることになります。

そのためいきなり結論から出すのではなく、組織の淀みを起こさないために、

定期的な異動、再編を行うことを方針として決めておくのです。



再編をすることで暗黙知が言語化され、新しい考え方を生み出すものです。

全社的なより大きな視点と人間関係を得られるはずです。



全ての判断はミッションの実現のため、会社の利益のためです。

誰かがいなくなることが前提の組織の方がよほど自然に近く

健全だと私は考えています。





【質問】組織の空気は、淀んでいませんか?





定期的にあえて、人事をかき回しましょう。