私のミッションは、『中小企業を元気にすること』です。

そのためなら何をやっても構いませんし、

そのためにならないことは極力やらないことを決めています。



こう決めるだけでもずいぶん生きやすいのですが、

もっともっと生きやすくなる考え方があります。



それは、『すでにミッションを達成していると、知ること』です。



私がこれまでお付き合いしてきたクライアントさんで、

「田島さんのおかげで自分も会社も元気になった!」

という社長さんはたくさんとは言いませんが、

何人か、何十人かいます。



ということは・・・、つまり・・・?

すでに私は、ミッションの達成者なのです。(ドーン!

あれ? 私の人生の目的、実はもう達成しちゃったじゃん!

なんという開放感!空が広い!(笑



一つの山を登った者として、

イチローと並んでも恥ずかしくちっともありません。

山の高さを誰とも比べる必要がないのですから。



想像もできないくらいたくさんの人を幸せに出来なければならない、

というのは自分の勝手な囚われです。

一人でも、自分のおかげで幸せになったと言ってくれる人がいるのなら、

それはすごいことではありませんか??



そんなことはない? それじゃあ何人にしたいんですか?

10人? 100人? 1000人? 100万人? 1000万人?

この考え方だといつまでたっても達成感を得ることは出来ません。



もちろん、食べていくためにこれからもしっかり稼ぐことは必要です。

なので経済的なことに関するビジョンは別です。

まだまだしっかり稼ぎます。



しかし精神的な面で、妙な焦燥感、欠乏感、囚われ、から抜け出し、

自分の人生を手に入れ、歩き出すこと。

それこそが、私が本当に中小企業社長にお伝えしたいことかもしれません。





【質問】実はすでに、達成していませんか?





まあそんな考え方もあるよね、ということで。。^^;