モノを作るときに、手間がかかるものとかからないものがあるように、

モノを売るときにも、手間がかかるものとかからないものがあります。



粗利率が高いからと言って営業さんがつきっきりで一生懸命売る商品より、

粗利率が低くても宣伝広告費、販売促進費、交際費を使わずに、

勝手に売れてゆく商品の方が営業利益率が高いかもしれません。



商品別の営業利益率を算出するには、社員がその商品にかけている時間、

宣伝広告費、販売促進費、交際費等の販促費を商品別に分類する必要があります。



またこれは商品だけでなく、お客さんにも同じことが言えます。

売上、粗利が大きいからと言って、余計な仕事を要求したり、

クレームばかりつけて社員のモチベーションを落とすようなお客さんは、

営業利益ベースで見たらよいお客さんとは言えないかもしれません。



その商品、そのお客さんは、本当に儲かっているのかどうか。

営業利益ベースで検証をしてみましょう。

意外な発見があるかもしれませんよ。



儲けるためのポイントは、儲からない仕事をやめることです。

その仕事、本当に儲かっていますか?





【質問】商品ごと、お客さんごとの営業利益率はわかっていますか?





たとえ精度が低くても、まずは一度算出してみることです。