昨日のことです。

出かける準備をしようと椅子から立ち上がった瞬間、

ノートパソコン(MacBook Air 13int)のキーボードに、

なみなみと入ったコップの水をぶちまけてしまいました。



そこで瞬時に思ったこと。

・バックアップは問題ない

・代替機(Let's note J10)はある

だから、さしあたり困ることは何もない。



その前提で、お金のロスよりも感情のロスが嫌なので、

水分を拭き取りつつ、この現象の前向きな意味を

“無理矢理”探します。



・そういえば新商品が出ていたなー

・すこーしだけ、挙動が安定していない気がする
(capsライトが点灯しない)

・これは買い替えろという神様の思し召しでは?!(笑



なんてことを考えながら、電源を落とし、水分を拭き取り、

そしてエアスプレーで水分を吹き飛ばしました。



あらかたいいかな~なんて電源を入れてみたら、

なんの問題もなく起動。

今も元気に動いています。^^



目の前で起きた現象と自分の感情には、

実はほとんど関係がありません。



多くの人は外部で起きた現象に、感情が振り回されます。

あいつが言うことを聞かないから自分はこんなに

イライラするんだ、とか、

赤字が続くからこんなに苦しい、とか。



でも本当は、「現象」と「感情」の間に「考え方」があります。

現象 → 考え方 → 感情



あいつが言うことを聞かない、それじゃあどうするか。

・言うことを聞かないでも構わない仕組みにする
(給料が下がるなど)

・徹底的に教え込む

・諦めて辞めてもらう



このように考えると、イライラの感情は起こりません。

やるべきことは全て自分にあります。

あるとすれば、寂しさ、でしょうか。



私はクライアントの社員を怒ることがありますが、

怒って見せることが有効だと考えているからであり、

感情的に怒っているわけではありません。



冷めた言い方をしてしまえば他人です。

なので怒りというより、やはり寂しい気持ちですね。



感情は制御不能な暴れ馬ではありません。

考え方の学習により、かなりの程度、

コントロールできるものなのです。



【質問】赤字 → 苦しい の間に、どんな考え方を入れますか?



そういう考え方もあるんだなぁ、と知るだけでOKです。



↓ポチッと押していただけると嬉しく思います。^^