ウィンドウズXPをまだ使っている会社さんはありませんか?

ウィンドウズXPは今年の4月でサポート終了となり、

セキュリティリスクが跳ね上がります。

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos/consumer/default.aspx



私のクライアントさんでもXPパソコンが約50台あり、

対策に頭を痛めていました。

そこで弊社提携のシステム屋さんに相談し、

対応策をまとめました。



【方法1】パソコン本体の入れ替え

 メリット :ハード、ソフトともに最新になる

 デメリット:本体買い替え、各種セットアップ、データ移行、
       旧端末の廃棄費用がかかる

 コメント :最も費用がかかるが一般的



【方法2】OSのみ入れ替え

 メリット :データ移行にかかる時間が短くて済む

 デメリット:・OSとオフィスの買い替え費用がかかる

       ・XPから8へはアップグレードできないため、
        7にしてからさらに8にする必要がある
        ※7は最長2020年でまたサポート終了

       ・オフィスも2013にバージョンアップ
        する必要がある
        ※オフィス2003は8では使えない

       ・その他動かないソフトが出るなどの
        トラブルの可能性

 コメント :方法1と比べ費用的にそれほど差がない



【方法3】ファイアーウォール設置

 メリット :費用がもっとも安い

 デメリット:セキュリティリスクを避けきれるものではない

 コメント :本来は他の方法と組み合わせるべき対策



【方法4】クラウドOS(シンクライアント環境)の利用

 それぞれの端末から直接インターネットに繋ぐのではなく、
 社内に設置したシンクライアントサーバ経由で
 インターネットにアクセスする方法。

 メリット :・ネット環境があればどこからでも
        オフィス環境を利用可能

       ・費用は方法2よりもこの場合かなり安い

 デメリット:新環境のため、ソフトの設定やデータ移行が必要

 コメント :コスト面、管理面、リスク対策面で最もおすすめ



本来ならば方法1の買い替えが一番ですが、

入れ替え台数が10台以上、

台数が多ければ多いほど方法4がおすすめです。

将来的には皆この形になるのかもしれませんね。



XP問題でお困りの方は、

弊社提携の優秀なシステム屋さんをご紹介しますので、

メールにてご連絡をくださいね。



関係のない方には失礼しました。m(_ _)m

でもなんとなく、

クラウドという時代の変化を感じていただければ。



【質問】セキュリティ対策は万全ですか?



そう遠くない将来、Linux系のフリーOS時代に

なるかもしれません。




↓ポチッと押していただけると嬉しく思います。^^