現在、ワードプレス講座の準備と並行して、

人材採用マニュアルを制作しています。



私が作る人材採用マニュアルのポイントは次の3つです。


1.会社のミッション、ビジョンの説明に重点をおくために、
  会社説明会を開こう


2.何人も面接をするのは大変だから、
  適性検査をして選抜した人だけ面接しよう


3.どんな面接をしたところで結局人は見抜けないから、
  採用後の仕組みでカバーしよう



この方法をマニュアルとしてまとめているところですが、

かなりいい感じに仕上がりそうです。



特に3番目の、面接では結局見抜けないについては、

それでも面接時点でかなりの手だてを打っているつもりです。

例えばこんな感じです。



・説明会の段階での立ち居振る舞いや説明を聞く態度のチェック
  →表裏の有る無し、興味の有る無しを判断します


・性格適性検査とそれに基づく面接
  →かなり細かいです


・実地でできるロールプレイング
  →できるだけ就業と近いことを考えます



しかし、出来る限りのことをやったとしても、

思った結果と違うなぁ、ということが当然よくあります。

仕事を求めている人はどうしても自分をよく見せたいですからね。



だから採用したとしてもいきなり高い給料を出したりせず、

何が出来たらいくら、何が出来たらいくらといいう感じで、

あらかじめ階段を作っておきます。



それを説明会の段階できちんと明示して云々かんぬん、

というのが私の提案している方法なのですが、

今日は、メルマガの標題のこんな講座に行ってきます。

『元刑事が教える、採用面接のウソの見抜き方講座』



「元刑事」ってずるいですよね。(笑

もうそれだけで興味度120%です。

そんな訳でこの講座で刑事の見抜き方をしっかり学んできまして、

マニュアルの内容をより高めようと思っています。^^



そうそうこの人材採用マニュアルについて、

現段階で興味があるよという方、

こういうことも教えて欲しいという要望のある方、

または人材採用について質問のある方はこちらをクリックして、

メッセージをお送りください。

http://clap.mag2.com/crojeagaip?jinzaisaiyou



メッセージをいただいた方の中から気になった方に、

事前にマニュアルを見ていただいて、

ご感想をお聞かせいただきたいと思っています。

メッセージを、お待ちしています。^^



【質問】面接で、見抜こうとしていませんか?



見抜ける部分もあれば、見抜けない部分もある、

というのが正解だと思っています。



↓ポチッと押していただけると嬉しく思います。^^