あなたの会社の社員さんの判断基準は何ですか?

前例? 上司の顔色? 自分の感情?

そんな子供社員を育ててはいけません。



いい大人なんですから、

自らの頭で考えなければいけません。

その際、判断の基準となる3本の柱を渡してあげてください。



1.自社のミッションの実現

  あなたの会社のミッションを、

  社員さんたちはきちんと知っていますか?


  当社のミッションは「中小企業を元気にすること」。

  そのためならば何をしても構いません。

  組織の存在価値はミッションの実現にあります。

  利益も成長もすべてはそのためです。



2.中長期的な利益(売上獲得・効率追求)

  お客様から売上をいただくことは、

  ミッションを実現しているということです。

  つまり、売上=ミッションの実現。


  そして将来的に安定してミッションを実現し続けるために、

  効率を追求し、きちんと利益を残すのです。



3.自己成長と後輩の育成

  より質の高いミッションを提供するために、

  自らと組織の力を高め続けていかなければなりません。

  1年前と今、今と1年後、どのように成長していますか?



ミッションの話しをする時に、

私が最後に付け足すことがあります。



もしも今、儲かっているのであればミッションがなくても構いません。

明らかに悪いことは別として、儲かることは正しいことです。

しっかり儲けてください。



でも必ず、儲からなくなる時が来ます。

その時に立ち返り、求心力となるのがミッションです。



あ、話しがズレましたね。。

すぐミッションを語ってしまいます。

自分の頭で考える、大人社員を育ててください、

というお話しでした。(笑



【質問】あなたの会社の社員さんは、大人ですか?



判断の3本柱、これは社長こそ守らなければいけません。



↓ポチッと押していただけると嬉しく思います。^^