昨日のメルマガ『大人社員、子供社員』が

わりと評判がよかったので続編です。

こういう比較物は受けがいいですね。



よく、「営業はお客さんに可愛がられろ」と言われます。

そして若手の営業さんは健気に、

「教えてください!」

「どうにか助けてください!」

「なんでも言ってください!」

という営業の仕方をします。



で、実際のところ、これで受注できてしまいます。

お客さんの立場からするとどこから買っても

同じような商品なら、

できるだけ気分良く買いたいですからね。



そして若手営業さんは、

このやり方に自信を持ちます。

でもこのやり方は子供営業です。



いつまでも健気な役割を演じなければなりません。

20代のうちはいいでしょう。

30代も前半ならいいかもしれません。



でも40、50のいい年齢の大人の健気さなんて

気持ち悪いだけです。

ましてやお客さんの購買担当者の方が若くなったら、

教えてくださいは通用しません。



入社したばかりは子供営業でもいいのですが、

でもそれをやりながら、淡々と武器を磨く必要があります。

営業はお客さんよりもその商品の専門家だから

価値があるのです。

お客さんの知らないこと、役に立つことを

専門家としてアドバイスをするのが大人営業です。



教えてくださいの子供営業が許されるのはせめて20代です。

働きだして約10年、30才までには

どんな狭い分野であったとしても、

なんらかの専門家にならなっていなければいけません。



【質問】あなたの会社の営業さんは、なんの専門家ですか?



私は、中小企業経営の専門家です。



↓ポチッと押していただけると嬉しく思います。^^