定期的に不祥事が起こる会社があります。

物がなくなったり、お金がなくなったり。



横領があったなんて話しを聞いた直後にまたあったり、

そういう会社では定期的に事件が発生し、

そしていつまでも繰り返します。



魔が差しやすい会社、ガードの甘い会社は

社員に冷たい会社です。



人間、追いつめられれば何だってします。

もしも何らかの事情で追いつめられた時、

目の前にガードの甘いお金があったらどうでしょう。



どうあがいても悪いことはできない、

もしできたとしてもすぐに発覚すると思わせておくことが

優しさです。



管理レベルを上げようとすると、社員を信用していないのか、

という言い方をする人がいますが、それは反対です。

社員を疑わなくていい仕組みが大切なのです。



経理担当者が悪さをしていた会社の社長が言うことは、

「信用していたのに・・・」です。

でもそれは信用ではなくただの放ったらかし、

社員を犯罪者にしてしまう残酷な行為です。



【質問】魔が差す隙を与えていませんか?



うちにそんな社員はいない、というのはいい答えでは

ありません。



↓ポチッと押していただけると嬉しく思います。^^