今日はワードプレス5時間講座のため、

パソコン2台とその周辺機器、

受講者さん用のテキストを入れた大きなガラガラを引いて

渋谷を歩いています。



普段のセミナーなら、

パソコン1台と使用するデータを入れたUSBメモリだけなので、

ここまで大荷物にはなりません。

万が一パソコンに問題があってもデータを入れたUSBメモリがあれば、

現地でパソコンを借りれば何とかなるからです。

最悪、口頭だけでもこなす自信があります。



でも今日の場合はパソコン操作がメインなので、

予備も含め2台用意しています。

今日お話しいただく講師の中島さんも、

福岡から2台のパソコンを持って来ているそうです。

さすがですね。^^



私がサラリーマン時代、

年商2億、営業利益見込み15%×5年の事業を受注するべく、

ある自治体に対してプレゼンをしたことがあります。



競合が何社かあって、

プレゼン7分、質疑応答3分で

その合否が決まります。



現地でパソコンとプロジェクターを用意してあるので、

USBにプレゼンデータを入れてくればいいと言われていたのですが、

役所の言うことだからアテにしたらダメだと思って、

USBデータだけでなく今日と同じようにパソコン2台、

さらに予備として私物のプロジェクターも持参しました。



いざ本番でUSBメモリをつないだところ、

役所のセキュリティ対策でしょうか、

パソコンがUSBメモリを認識しません。



そこで私物のパソコンを取り出しプロジェクターをつないだのですが、

理由がわかりませんが繋がりません。

再起動をしてもダメ。

もう一台のパソコンに替えてみても同じです。



となると次の手で、

私物のプロジェクターを取り出してつないだところ、

それはさすがに映ってプレゼンをこなすことができました。



でも実はそれすらできなかったらのために、

紙芝居と配布資料も用意していましたが、

そこまでは使わなくてすみました。



さらにもし最悪、ここまでのすべてを来る途中に無くしたとしても、

口頭でプレゼンできるだけのシミュレーションはしていました。



もちろん仕事のサイズにもよりますが、

私はこのくらいまでは用心深くしています。

社長さんだったらこの気持ちはわかると思いますが、

社員さんだとここまでやってくれる人は多くないですね。



それじゃあどうすればいいか?

仕事によってはここまでやる人もいるんだよ、

ということを教えてあげてください。



まずは知ることからです。

知った上でやるかやらないかは次の問題です。

でもたいていは勉強不足、

想像力不足で知らないことが問題です。



【質問】どこまで最悪を想定していますか?



プレゼンの結果? もちろん受注しました☆