冒頭で紹介したワードプレス5時間講座のアンケート結果。

これらの質問は、その後の販売につなげることを目的として

考えられています。



いろいろなところでアンケートを目にしますが、

これを聞いて何に活かそうとしているのかな?

という質問が並んでいることがよくあります。



統計的に処理をした数字の推移を役員さんが見て、

うんうんと、

偉そうに唸るためだけのものかと思ってしまいます。



既存客の満足度を高め、リピーターを増やす目的なのか、

それとも新規客を獲得する切り口を見つける目的なのか、

客単価を上げる目的なのか。



アンケートっぽいのってこうだよねー、

と上っ面に流されるのではなく、

会社が知りたいことをきちんと聞くべきです。

思考停止せず頭を使えと。



中小企業でもよくあります。

例えば経費削減のための注意書き文章を社内に掲示する場合。



それっぽく堅苦しいことを細かい字で書いているのですが、

そもそも読む気にならない、

読んでも具体的に何をしていいかわからない、

書いた人自身もこれを掲示しても実は意味がないと

思っている・・・。



これでは目的が注意書きを掲示することになっています。

当たり前に流された、

それっぽい仕事をさせてはいけません。



【質問】その仕事の目的は、何ですか?



このメルマガの目的は、中小企業を元気にすることです。



↓ポチッと押していただけると嬉しく思います。^^