社長が一人、もしくは社長と奥さんだけ、

もしくはパートが何人かという会社が、

新たに正社員で人材採用をする場合です。



たいていの場合、仕事が回らないほど忙しいから、

という理由だと思いますが、

自分の給料を削って社員を採用してはいけません。



あくまで社長の生活とは別、

営業利益の範囲で賄えるようになってからにしましょう。

そうなるために、と言うのであればまずはパートからです。



あと、1人だけ採用するというのも失敗の元です。

売上構成が1社で25%を超えてはいけませんというのと同じで、

社員としての役割がその1人で100%ならば強いことが言えませんし、

辞めさせることもできなくなります。



採用のタイミングと年齢層は多少ずらしつつ、

せめて2人採用できるように検討してください。



あと、これまで雇ったことがない優秀な人材がやってきた、

これは期待できるぞ~!

というのも大失敗の元です。



零細企業の社長は自分では気づいていない方が多いですが、

はっきり言って超超超優秀です。

採用する人材がいくら優秀に見えたところで、

超超超優秀な自分と一般人を簡単に比べてはいけません。



人材活用のポイントは、期待せず、諦めず、

信頼できるまで育てることです。



1人目の採用からうまくいくことはあり得ません。

3人、4人と失敗して、

ようやくそこそこの人材を使えるようになるのです。



【質問】自分が超超超優秀なことに、気がついていますか??



いよいよ来週、人材採用マニュアルの販売開始です。

人材採用を考えている社長さんは、必見ですよ!