メルマガ質問募集企画にK社長からメールをいただきました。

ありがとうございます。^^

来週になると思いますが対談CDと書き起こし冊子を

送らせていただきます。



対談後、初めて読んだのですが我ながら面白いことを言っています。(笑

プレゼントの残りは2つです。



以下、K社長からのメールです。


> スタッフの時給に関する相談です。
> 昇給させるための仕組み、基準についてなやんでおります。

> 今、世間様はどちらも人不足。。。
> 当然、当社も大きく儲かっていないのに人不足です。
> 加えて、パートスタッフがほかへ流出しています。
> 以前は退社の理由の半分以上が人間関係に
> よるものでしたが、いまは違う。。。

> 「あそこ(介護系)の方が稼ぎがいいから」
> 「次のバイト(スーパー系)決めてきました」
> という声をちらほら聞きます。

> 当社は中小零細企業であり、時給は確かに高くない。。。
> パートスタッフ流出防止のために
> ここは、部分的にでもあげるべきだと確信しておりますが、
> (実際、時給を上げた店舗スタッフは直近では辞めておりません。)
> パート時給の上げ方の基準ないしは、仕組みがありません。

> 私が考え付くかぎりでは、(金額は参考までに)
> 1.売上が高い(=忙しい)店舗は+50円
> 2.能力(計るのがむつかしい、キャンペーン成績など)
> 3.土日祝勤務 +30円
> 4.複数店舗フォローできるスタッフ +30円
> 5.勤続年数
> などです。

> いままでは私の裁量で、
> 特別ね、、、と時給をあげておりました。

> むつかしいテーマかとおもいますが、
> 田島先生のお考えをお聞かせ下さい。



おおう、これまた難しいテーマです。^^;

給料評価制度マニュアルも作りたいと思っているのですが

このテーマの難しいところは作って終わりではないところです。

制度よりなにより、求心力が不可欠。



会社から給料評価制度を押し付けられていると思われたらアウトです。

私だったら対象の全スタッフに対しこれから給料評価制度を

作る目的を説明します。



・スタッフが不足である現状を解消したい

・働きがい、働きやすさも大切だが、給料の額が重要であることも理解している

・給料を上げてゆきたいが限られたお金の中でそれは簡単ではない


・だからこそ売上、利益をきちんと上げてゆくしかない

・そこで売上、利益を上げるために皆が頑張れるようになるための
 給料評価制度を作り上げてゆきたい

・具体的には「上述の5つの視点」など


・この他にも皆さんが働きがいがあり、働きやすく、
 そして売上利益を上げるために必要な点があれば教えてほしい

・そのための面談を一人一人してゆく


・一度作った制度は確定ではなく
 皆さんの意見を聞きながらどんどん変えてゆく

・基本的に給料が上がる方向で考えているが、
 仕組みによっては人によって下がる場合もあるかもしれない

・だからしばらく3ヶ月に1度の面談を考えている

・会社の業績がきちんと上がって、皆さんも納得できる、
 そんな制度を一緒に作り上げてゆきましょう



と説明して、キーマンがいればその人を巻き込んで、

ひたすらシミュレートの世界ですね。

あと人を育てることと、人の和を保つことも評価項目に

入れておいた方がいいかもしれません。



また毎月、毎週、毎日、どれがいいのかわかりませんが、

客数や売上などの達成状況によって支給する大入袋や期末賞与など、

お祭り要素的なものを取り入れる。



仕組み、基準に悩んでおられるようですが、

完璧なものなんてありません。

不完全であっても仕組みがあることの方が重要です。

制度がある、というだけで既存のスタッフだけでなく

求人の際にもアピールできますしね。



このように、まったくもって面倒くさいのがマネジメントです。

この面倒くさいことを任せられる人材を育てるのもまたマネジメント。

自分で作った組織を回せる社長はマネジメントが上手な社長です。

でも正直、ほとんどの中小企業にマネジメントはありません。



うまいマネジメントの仕組みを考えられれば将来的に本を出したり、

業界の給与制度設計専門コンサルタントなんて手も考えられます。^^



【質問】うーん、回答になっていますでしょうか・・・?



仕組み自体はシンプルに、簡単なものでいいのです。



↓ポチッと押していただけると嬉しく思います。^^