私は、一応、速読術というのを心得ています。

ベースはこちらの本。


■あなたもいままでの10倍速く本が読める
 http://goo.gl/4JFlzy


これの高ーい教材も買ったのですが、

この本だけで十分でしたね。

この本でも私がこのメルマガで伝えることに比べれば、

まどろっこしいくらい。^^;



ポイントは、文字を読まないこと。

文字を読むとは、文字の持つ音を頭の中で発するということです。

そうすると音読スピードよりは早いですが、

それに近いスピードにならざるを得ません。



ではどうするか?

文字を読まずに、見ます。



街中で『止まれ』という標識を見れば、

わざわざ「トマレ」と発声しなくても意味がわかりますよね。

サラ金の看板を見れば名前まで読まなくても、

そこにあることはわかります。



これを読書に応用します。

文字を読みません。

見開き2ページを1秒くらいのスピードで、ただ見る。



こんなんじゃあ頭に入ってこないよ、と思っても、

自分の脳みそを信頼してペラペラペラ。



一番最後のページをめくったら、はい読了!

お疲れさまでした!

てなものです。(笑



そんなことを言ってもちゃんと読みたいよー!

とウズウズたまらなくなったら、

そのページを探してじっくり読みます。



著者が一番伝えたかったこと、

あなたが知りたかったことがそこにある、

ということを信頼します。(笑



最初から最後まで文字を読むことを読書とするならば、

そんな大変なことはありません。

本を読むのが億劫になるはず。



でも最低でも最後までペラペラと眺めきればいい、

と決めれば見開き200ページの本だって2分かかりません。

と、思えば読書なんていくらでもできると思いませんか?



1500円の本の中に1つでも使えることがあれば

それは大勝利です。

だからさっさとその1つを見つけるための方法です。



【質問】本、読んでいますか?



実は読書にも信頼が必要なのです。(笑



↓ポチッと押していただけると嬉しく思います。^^