ふと思ったのですが、

「本を読むために読んでいる人」と、

「実践するために読んでいる人がいるなぁ」と。



ビジネス書、実務書は使うための本ですが、

それでも実践する人はあまり多くはなさそうです。



ちなみに私にとって司馬遼太郎の本は実践の書です。

例えば「竜馬がゆく」にこんなことが書いてあります。



> すわるより歩けばよいではないか。とひそかに考えた。
> 禅寺に行って、半刻、一刻の座禅をするよりも、
> むしろそのつもりになって歩けばよい。
> いつ、頭上から岩石がふってきても、
> 平然と死ねる工夫をしながら、ひたすらそのつもりで歩く。
> 岩石を避けず、受け止めず、頭上に来れば平然と迎え、
> 無に帰すことができる工夫である。

私はこれを読んで平然と死ねる工夫を考えはじめました。

もし歩いてるところへ10tトラックが突っ込んできても、

避けず、受け止めず、平然と迎え、

無に帰すことができる工夫をしながら歩く。


もちろん実際には醜く足掻くかもしれませんが、

いつだってそのつもりで覚悟を決める工夫です。

サラリ。



> 「年上の人を相手に猥談をしちゃならん」
> もともと竜馬は独特の話術の持ち主で、
> 天下国家を論ずるときも男女の卑俗な機微をたとえばなしに使う。
> 大宰府でもそれをやり、三条実美卿をはじめ公卿衆をころがすほど笑わせた。
> そのあと三条卿がその手記で、
> 「坂本竜馬来る。偉人なり」と評価したからまだよいが、
> いつもこの手でうまくゆくとは竜馬はおもっていない。
> 「図に乗って淫談戯論をするうちに、
> どうしてもその語中に見下げられるところが出てくる。
> 年配者は、おもしろがりながらも心中、軽蔑する」
> 猥談の節度がかんじんだ、
> その節度の感覚のある男ならなにをやっても大事を成せる男だ。

はい、年上の人を相手に猥談をしません。

ぐむ。



> 「古来、英雄豪傑とは、老獪と純情のつかいわけのうまい男をいうのだ」

老獪と純情。

ええ、意外と両方持ち合わせております。(笑

ぐふふ。



> 「男子はすべからく酒間で独り醒めている必要がある。
> しかし同時に、おおぜいと一緒に酔態を呈しているべきだ。
> でなければ、この世で大事業は成せぬ」

酔態を呈しつつ、心の中は独り醒めている状態。

ちょっと中学生っぽいですが、気持ちはわかります。(笑



あと文章が見つからなかったのですが、

「男は発言の内容に独創性があるか、

 言い方にユーモアが無ければ口を開くな」

というようなことも言っていました。

うーん、これもいいですね。^^



このように読めば歴史小説だって、

十分に実践の書なのです。



【質問】全てが実践に繋がっていますか?



ま、楽しみながら、いきましょう。^^