他人の会社だとすぐに気付く改善点でも、

自分の会社だとなかなか気が付かない不思議。

だからこそコンサルタントという職業があるのかもしれません。



どんな会社にでもすぐにできる改善が100個あります。

なぜなら中にいる人たちは日常業務に忙殺され、

分かっているけど見ないふり~・・・をしているうちに、

本当に分からなくなってきてしまうからです。



すぐにできる改善が100個あるという前提に立って、

社内を見まわしてみましょう。



例えば・・・、

・棚の中に入っている物が表示されていないために、
 物を探す度に何度も扉を開けている・・・

・注文書の記入を間違えるお客さんが度々いる。
 注文書のフォームを直せば間違えなくなるのに直していない・・・

・店の前に立てているのぼり旗。
 風が吹くとめくれ上がって引っ掛かってしまう。
 下を針金で止めればいいのにしていない・・・

・毎月出てくる財務諸表。
 科目をちょっと整理すればわかりやすくなるのにしていない・・・


などなど、最前線の現場から社長の経営判断まで、

すぐにできる改善で溢れていることでしょう。



もし、すぐにできる改善をすべてやりつくしたら、

会社はどんな姿になりますか?



『分かっているけど見ないふり~・・・』をちょっとやめみて

すぐにできる改善100個をリストアップしてみましょう。



また社長がこれをやるのはちょっとね・・・・という会社さんには、

アイパワープログラムという手法を紹介します。



■アイパワープログラム

・毎週1人2つの業務改善アイデアを出す

・自分の責任範囲で、誰にも相談せずに、できるものを上げていく

・どんな簡単なものでも良い

・改善アイデアは実行しなくても良い(重要!



小さなアイデアであっても、継続は力なり。

毎週やっていくと年間で、社員1人あたり100近くもの

アイデアを出すことになります。



社員10人の会社でやれば、

年間1000ものアイデアが生まれるわけです。

このプログラムの面白い点は、

改善アイデアを実行しなくてもいいというルールがあることです。



なぜならば実行を義務づけると、社員はリスクを感じ、

途中で挫折してしまいます。

そこで、とにかく社員の考える力を伸ばすことを目的として、

実行を強制しないようにするのです。



人から言われたことはやりたくなくても、

自分で考えたことはどうしてもやりたくなってしまう。

人は皆、天邪鬼なんですね~。(笑



【質問】すぐにできる改善100個、見つかりそうですか?



改善をテーブルの上に載せれば、そこはもうゴールです。