6月13日のメルマガの編集後記で次のようなことを書きました。


> あるマーケティング系のニュースレターを見ていたら、
> 外税、内税でマーケティングテストをしたそうです。
>
> あれーっ?!
> そのレターが鞄の中にありません。。
> 飛行機に忘れてきてしまいました。。
> じゃあうろ覚えで・・・。^^;
>
> A.2,980円(税別)
> B.3,218円(税込)
> C.2,980円(税込)
>
> これで販売テストをおこなった結果、
> 一番売上が良かったのがなんとAだったそうです。
>
> 価格は明らかにCが安いのにです。
> へえー!へえー!!へえー!!!
>
> けっこうな母数でしっかりテストしたとのことです。
> うろ覚えですが。。^^;
>
> これはどこかのタイミングで、
> 私も試してみる価値がありそうです。^^



これを友人から「どうしてこうなったのか理由を知りたい」

と言われましたので、

うろ覚え+脳内補足7割で次のように回答しました。^^;



大前提として3,000円と2,980円では、

売れるのは圧倒的に2,980円。

その流れで考えると3,218円(税込)というのはいかにも不利。



そして2,980円を税別にするというのは

今の社会環境では納得度が高い様子。

10%へのアップが見えているから??



さらに2,980円を税込となると、

「じゃあ本当はいくらなんだよ?!」

「そもそも粗利高過ぎじゃね?」

「消費税10%になったらどうなるの?」

「安売りスーパーっぽい」

という疑念がわくのでは・・・?



と、ここまで書いて、以前読んだ本を思い出しました。


■脳科学マーケティング100の心理技術

 http://directlink.jp/tracking/af/647411/Lcij7go5/


この本の中で次のようなことが書いてあります。(田島意訳)



『キリのいい価格は嫌われる』

 例えばキリのいい5,000円の値のついた商品を高すぎると思った客は、

 4,000円とか4,500円が適正な価格に近いのではないかと見積る。


 しかし4,950円の値がついていた場合、

 頭の中の単位の精密度が増すため、

 4,900円とか4,800円といった価格が頭に浮かぶようになる。


 また、数字が細かい方が商品自体にも緻密さを感じるのかもしれない。



なるほどなるほど。

とりあえず今の時点での結論は、

『端数+消費税』というのが良さそうです。



【質問】どうしてその価格(末尾部分)なのですか?



私も各種コンテンツの価格を、順次税込から税別にしてゆきます。