社長には自分で決めることと、

決めてはいけないことがあります。



例えば、3年後に年商10億円にするということ。

これは決めてはいけないことです。

どういうことでしょうか。



3年後に10億円になるというのは結果です。

10億円の売上を決めてくれるのはお客さん、

つまりは他人です。

他人の決定を自分が決めることはできません。



では自分に決められることは何か?

3年後に10億円の売上になる行動をするということです。

自分で決めるべきは行動であり結果ではありません。



まあ説明がまどろっこしいから、

人に言う時には「3年後、年商10億円」でいいのですが、

結果ではなく行動に覚悟を持つことです。



この感覚を持つと、結果はわりとどうでもよくなります。

やるべきことをやり切って、結果は天に任せる感覚。

どんな結果でもサラリと受け止められます。



先日のメルマガで、

値上げを提案して切られたお客さんにフォローを続けましょう、

ということを書きました。



切られたからあのお客さんとはもう付き合わない!

ということを自社で決めてしまってはいけません。

自社は淡々とフォローを続けるということだけを決めて、

結果は相手に任せればいい。



女性をデートに誘いたければ、

何度断られても、爽やかにサラリと誘い続ければ、

いつか気が向く時がくるかもしれません。^^;



結果は相手に任せて、

自分は覚悟を決めた行動をすること。

それができると現実は想像以上のスピードで実現するのです。



【質問】相手が決めることを、自分で決めてしまっていませんか?



結果に執着せず、執着するべきは自分の行動です。