「結果」は「行動」から生まれる。

「行動」はやりたいという「感情」から生まれる。

「感情」は「考え方」から生まれる。

「考え方」は「学習」から生まれる。



と考えていたのですが、

どうも最後の「学習」がしっくりこないなと思っていました。。



で自分で書いた先週のメルマガを見返していたら、

「考え方は言葉から生まれる」

という言葉を思いつきました。

http://yurui-business.com/?p=3886



頭の中で話す「言葉」は自分の「潜在意識」に直結します。

そして潜在意識にはいくつか特徴があります。



1.全て自分

  潜在意識は自分と他人を把握できません。

  だから「あいつはダメだ」ということを思うと、

  潜在意識は「自分はダメだ」という刷り込みを受けます。



2.全て肯定

  潜在意識は否定語を理解できません。

  だから「失敗しないようにしよう」ということを思うと、

  潜在意識は「失敗する」という刷り込みを受けます。



なので頭の中で使う言葉はこの2点に注意します。

「あいつはダメだ」ではなく「あいつは良くないな」と言い換えます。

すると「あいつ」と「ない」が無くなりますので、

「自分・良い」になります。



批判的な評価をしているはずなのに、

なぜは自分を上げる言葉になっています。(笑

こんな風に頭の中で使う「言葉」を選ぶと

それが「考え方」になります。



「言葉」が「考え方」を生み、

「考え方」が「感情」を生み、

「感情」が「行動」を生み、

「行動」が「結果」を生む。



まずは頭の中で、いい言葉を使いましょう。



【質問】頭の中で、どんな言葉を使っていますか?



斉藤一人さんはいい言葉を「天国言葉」、

わるい言葉を「地獄言葉」と言っていました。