世の中には人々を苦しめるいろんな鬼がいます。

鬼というのは貧困や病気であったり、

農作物の不作であったり、ガソリンが高いことであったり、

マウスの反応がなんだか少し鈍いことであったり。(笑



まあ、大きなことから小さなことまで、

世の中の不便や困ったことはすべて鬼の仕業です。

(と、ここではそう考えます)



で、我々企業家は自分が許せない鬼を倒すために、

犬、猿、キジという仲間を見つけて、

鬼ヶ島に向けて鬼を倒すために旅立つ物語の主人公です。



ALSアイスバケツチャレンジというのが話題になっていました。

ALSという言葉すら知らなかった私にとっては、

とても素晴らしい活動であるとは思うのですが、

でも私自身が倒しにいく鬼であるかと言うと違います。

(身の回りに降り掛かったら、許せない鬼になるでしょう)



鬼の種類はとにかく多く、多すぎるのです。

それに対する武器はそれぞれ違い、

一人の人間が倒しにゆける鬼の数は限られています。



私はアイスバケツをかぶることではなく、

中小企業社長を苦しめる鬼を倒すために、

日々、刀を磨いています。



だから同じように中小企業社長を苦しめる鬼を倒すために戦っている同業者、

同業者だけでなく敵を同じく戦っている税理士さんや社労士さんなど、

中小企業を応援している人は決してライバルではなく戦友です。



お客さんを苦しめる鬼を倒すために磨いているはずの刀で、

ライバルに切りかかろうとする会社がありますが、

お客さんからしても大迷惑です。

戦うべき相手と、磨くべき刀を間違えてはいけません。



【質問】あなたの会社が、倒すべき鬼はどんな鬼ですか?



言い換えると、誰を幸せにしたいか、ということですね。