昨日に引き続き、ブラック企業ネタです。


ブラック企業大賞2014

http://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/black-kigyo_b_5778730.html



ノミネートされたのは11社。

ちなみに東京都議会は社ではないかと。。

都議会がブラックというより例の女性議員が変だった気が。^^;


・株式会社 大庄(居酒屋チェーン「日本海庄や」)

・JR西日本

・株式会社 ヤマダ電機

・株式会社 A-1 Pictures

・タマホーム株式会社

・東京都議会

・株式会社リコー

・株式会社 秋田書店

・学校法人智香寺学園 正智深谷高等学校・ 株式会社 イスト

・株式会社 不二ビューティ(たかの友梨ビューティクリニック)

・株式会社ゼンショー(すき家)



ヤマダ電機、過酷ノルマや長時間残業で店長の自殺相次ぐ

http://news.livedoor.com/article/detail/8342488/


フロア責任者や店長が、店員全員がつけているインカムを通して

「今日の自分の売上額、言ってみろ」

「そのお客落とせなかったら、転職候補な」

などと暴言を吹き込んでいるとも。



こんな会社はとても勤めたくないですねぇ。。

自殺者も多数出ているようですし、

こういった体質が世の中に知れ渡り、

日に日に敵を増やしています。



どうしてこんな目先の得だけを追いかける経営ができるのか、

やっぱり経営者ではなく商売人なのかなと。

こういった大組織を率いる商売人は、

全て自分の思い通りになるという全能感を持っています。



社員だって、仕入先だって、労基署だって、

誰だって自分を気遣ってくれて、言うことを聞いてくれるはず。

ちょっと恐いのは税務署くらい。



でもそれは、売上がグングン伸びているときだけです。

応援したいと思ってくれる人よりも、

(元)従業員、得意先、そして一般のお客さんが、

できれば利用したくない、むしろ無くなって欲しい、

と思う人が増えたならその先は長くはありません。



ブラックで名高いワタミの場合、

ワタミと言う名前だとバイトもお客さんも来なくなったから、

次々と別ブランドを立ち上げているので、

「ちょっと待て その飲食店 ワタミかも」なんて

隠れワタミに注意する標語を作られています。

http://netgeek.biz/archives/17557



自分で立ち上げ、育て、伸ばしてきた会社を、

自分の存在の証しとせず、自分の意識の外に手放すこと。

そうすれば、自分以上に会社としてうまくやってくれる経営者は、

本当はいくらでもいるのです。



【質問】商売人(起業家)と経営者の違いが、わかりますか?



ちなみにブラック企業大賞2014は、ヤマダ電機でした。^^;