新型iPhoneが発表されましたね。

画面サイズの拡大以外にトピックはなくて、

売上維持のための新商品、という印象です。^^;



2011年9月発売の神田さんの本

『2022―これから10年、活躍できる人の条件』

でiPhoneに関する予想が書いてありましたのでご紹介します。(やや編集)



●iPhone5の発売時期は2013年6月。後半モデルから多色展開。
 機能的にはさらに薄くなるものの、用途が限定的な音声認識機能のほかは、
 目新しい革新的機能は期待できない。

 →実際の発売時期は2012年9月。
  後半モデルからの多色展開は大正解!


●iPhone6は2014年6月。

 →3ヶ月のズレはありますが正解!
  機能に対して言及していないのも正解!
  あ、ちなみにAppleWatchは流行らないでしょうね。。^^;


●iPhone7は2015年4月発売、2016 年末で製造中止。
 その後は、新ネーミングもしくは、まったく新しいコンセプトのマシンに進化。

 →終わりの予測というのはだいぶチャレンジに見えますね。
  時期的にはもう少し遅くなりそうですが、
  次のiPhoneで最後?!


●次なる革命的機能が市場で受けいれられるのは、2017年以降で、
 おそらくその際の目玉機能は、たとえば、レーザーキーボード、
 完全に実用レベルの音声認識。

 →きっとiPhoneではない何か、なのでしょう。


●2020年代は新しい技術の、成長期が始まる。
 映画「スターウォーズ」に登場した三次元ホログラフィック・イメージ
 が出はじめるのは、2022~2023年頃か?

 →これは楽しみです!
  きっとデスクの上で、AKBみたいな何か(笑)がコンサートを
  演じてくれるのでしょう。



神田さんに言わせると、

サイクル論を知っていれば誰でも予測できることであり、

さまざまなことを予測できるそうです。



私も数ヶ月間に風邪を引いた際に、

だんだんと体調が悪くなっていって、ドカーンと風邪を引いたら、

治るのにだいぶ時間がかかりました。



時間をかけて悪くなったものは、良くなるのに時間がかかる。

私の場合、ただ年齢の影響かもしれません。。^^;



栄枯盛衰。

平家だって宇宙だって、全てはこの成長カーブを描きます。

導入期 → 成長期 → 衰退期

(成長期に入らないままキャズム(死の谷)に落ちて終わるものも多々ありますが)



予測が当たることが楽しいではなくて、

勇気をもって未来を予測すること。

そうすれば障害や困難もチャンスに変わります。



【質問】あなたの会社、商品は、成長カーブのどこにいますか?



自らの終わりの時期を、予測するのです。