中小企業の社長とお話しをしていると、

現在の事業の他に、本当にやりたいことがある、

という社長さんが多くいらっしゃいます。



社長というのは基本的に自己実現をしてきている人ですから、

現在の事業もやりたいことが結実した結果だと思います。



でもやりたいことを実現してしまえば、

遠からず既にやっていることとなり、

また新しいやりたいことが出てきます。



あまり業績が良くなくて、

どうにか現在の事業を軌道に乗せて、

その上で本当にやりたいことがある、

という例も実際には多いのですが。^^;



そんな訳で、現在の事業と本当にやりたいことの狭間で、

日々頑張っておられるのだと思います。



私の場合、本当にやりたいことはなにかというと、

中小企業の支援、つまり経営コンサルティングです。

しかも業績ウハウハ!というよりも、

ちょっと調子悪くて弱ったなぁという会社さん。^^;



ただ、船井総研時代からそうなのですが、

そういう会社の支援というのは事業として考えると

当然ですがけっこう大変です。



だから私の場合なにをやっているかというと、

各種マニュアルなどの開発販売で収益を確保し、

その収益を使って経営コンサルティングに注力しています。

これが収益と本当にやりたいことの当社の構図です。



本当にやりたいことで収益を上げようと思ったら、

クライアントさんに迷惑をかけることになるかもしれませんし、

自分もけっこうキツいかもしれません。



収益と、自分が本当にやりたいことを分ける

という方法もありますよー、

というお話しでした。^^;



【質問】社長が本当にやりたいことは、何ですか?



社長が本当にやりたいことをやるための、支援をしています。