マーケティングとはいったいなんでしょうか。

Wikipediaによるとこう書いてあります。


****************************

マーケティング(英: marketing)とは、

企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、

「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、

 顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」

の全てを表す概念である。

****************************



うーん、なるほど。

全然わからないですね。^^;

まあなんとなく、リサーチ、伝達、効果的、

という感じでしょうか。



正確な定義の問題は置いておいて、

今日は「マーケティング=集客」として

話しを進めたいと思います。



マーケティング(集客)はとても重要なのですが、

多くの中小企業ではないがしろにされています。

マーケティング(集客)とセールス(販売)は

同じ人間がやるべき仕事ではありません。



例えば営業さんが1日に100本の電話をかけ、

アポが2件取れて、そこに訪問することで1件の成約が得られるとしても

それはマーケティング不在と言えます。



でもアルバイトを5人雇って、それぞれ1日100本電話をかけ、

アポが10件取れて、そこに訪問することで5件の成約が得られるなら、

それはマーケティングです。



受注活動のうち、一般に一番効率が低いのは集客の部分です。

その部分を「分けて、仕組み化する」ことがマーケティング

と言えるのではないでしょうか。



業種的に電話が必要であればアルバイトを使ったり、

ホームページが有効であればそれを充実させたり、

見込み客を常にストックしておく仕組みを持つことが重要です。



【質問】マーケティングの仕組みは、ありますか?



「人件費削減」で検索すると、私のサイトが2番目に出てきます。

それが私のマーケティングです。^^