人間、と言うより生物の行動原理は、

2つしかありません。

それは「痛みを避けて」「快楽を得る」ことです。



これを税金で例えた場合、

「節税」は経営者にとって非常に魅力的です。

なぜなら、「憎い(?)税金が減った」という

強烈な快楽が「先行して」得られるからです。



ただ、これで済めば話しは簡単なのですが、

日本には国家権力による「税務調査」

という仕組みがあります。



通常、税務調査は節税による快楽を得てから

かなりの時間が経ってから後出しで行われます。

もし節税の対策が不十分で否認されてしまうと、

過少申告加算税、重加算税、延滞税など、

節税額よりも高額な激痛を受けることになります。



当然私たちは、「痛みを避け」なければなりません。

しかし、先に快楽(節税)を得てしまうと、

運が良ければ(?)見つからないかもしれない

後の激痛(税務調査による追徴税額)など

すっかり忘れて対策を放置しがちです。



もちろん、その痛みを避けるために税理士がいるんだ、

という社長も多いでしょう。

でも税理士は手品師ではありませんから、

社長の正しい理解と協力がなければ、

税務調査(国家権力)に対抗できる対策を取ることができません。



今回、売り出しているレポートは、

できればそんな痛み(税務調査での否認)を

受けないで済むようにと考えて作りました。



節税という快楽は、痛みより先にやってきます。

先に得てしまった快楽に惚けて、

後からくる痛みに苦しまないように。



「快楽を得て、痛みも避ける」

今回のレポートは、

そんな助けになるレポートだと思っています。



【質問】痛みへの備えは、十分ですか?



とはいえ、何をすべきかがわからなければ備えることができません。

具体的な痛みと具体的な対策を先に知り、

コツコツ実行してゆくのです。

痛みを受けてからでは遅いのです。^^;