松下幸之助さんは面接の時に次の質問をしたそうです。

「あなたの人生は今までついていましたか?」



この質問に対して「ツイてました」と答えた人は採用し、

「ツイてませんでした」と答えた人は採用しなかったそうです。



私はこの話しを聞いて思いました。

「ツイているかどうかを聞かれたら、ツイていると答えよう」と。(笑

まあ単なる知識ですね。^^;



でも不思議なことに、

「ツイていると答える」と決めると、

本当にそう思うようになってきます。



思考は言葉でなされるので、

先に言葉を決めると思考も追従します。

聖書にも次のようにあります。



 初めに言葉があった。

 言葉は神と共にあった。

 言葉は神であった。

(ヨハネ福音書 1:1~1:5 )



ということで私は、

マイナスの要素の言葉はあまり言わないようにしています。

「悪い」と言いたい時には、

「良い」+「ない」=「良くない」というように。(笑



ストレートに伝えなければならない場合は、

強い言葉も使いますが、

本当はちょっと嫌です。。^^;



言葉は自分の潜在意識にストレートに働きかけます。

そしてそこには2つのルールがあります。



1.主語は全て自分になる

 「アイツはダメだ」と言った場合にも主語は自分になります。

 つまり「自分はダメだ」と。



2.否定語は機能しない

 子供に「落とさないように気をつけてね」と言ったとします。

 でも潜在意識の部分が強い子供は「落とす」+「ない」のうち、

 「ない」の部分が機能せず「落とす」だけが残り、

 結果として落としてしまうわけです。^^;



だから「アイツはダメだ」と言いたい場合であっても、

「あの人は良くない」と言ったりします。



すると「あの人」ではなく「自分」は、

「良くない」の「ない」が抜けて「自分は良い」と

自分の潜在意識に入ってくるのです。

うーん、なんと都合のいい解釈。(笑



というわけで、意識して言葉を選びましょう。



【質問】どんな言葉を、使っていますか?



話す言葉、脳内で使う言葉が、人生を作ります。



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/