優秀な商売人が経営者になるのではありません。

自らの優秀さを捨てた人が経営者になります。

一体どういうことでしょうか。



会社の規模が小さいうちは何をやらせても社長が一番です。

企画を考えるのも一番、仕事を取ってくるのも一番、

実際に仕事をするのも一番、経理をするのも一番です。



しかしなにもかも社長が一番でやっていると、

社長の能力、体力、時間が会社の限界です。



経営者になるためにはこういった個々の能力を

意識的に手放してゆくことが必要です。

そして個々の能力においては自分よりも優秀な人材を使って、

より大きな成果を生み出すのが経営者です。



経営とは社長の仕事が直接利益を生むのではなく、

利益を生み出す仕組みを作ることです。

 商売人:社長の仕事 → 利益

 経営者:社長の仕事 → 仕組み → 利益



社長の仕事が直接利益を生んでいるならばそれは商売人です。

社長の仕事は仕組みを作ること、

そしてその仕組みが利益を生み出すようになれば経営者と言えるでしょう。


※ 仕組みとはマーケティングやマネジメントのことですが

  それはまたの機会に・・・



【質問】何が利益を、生み出していますか?



社長が1ヶ月会社を休めれば、それは経営者です。



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/