どの業界でもトップ企業というのは素晴らしい理念を持っているものです。

今日は百貨店業界の雄、三越伊勢丹グループの5つの倫理行動基準から

2項目を抜粋してご紹介します。

http://www.imhds.co.jp/company/img/2014_DB.pdf



■毎日、勇気をもって新しさに挑戦しよう。

 成功の可能性があれば、ためらう理由はない。


私たちのグループスローガンは「向きあって、その先へ。」

私たちがさらにお客さまに支持していただくためには、

常にあたらしい発想をし、感性を磨かなくてはなりません。


そのために必要なのはお客さま、仲間たちと向きあうこと。

そして、学ぶ姿勢と、現状を打破していく勇気です。


・世の中の変化やお客さまの心理にアンテナを張っていますか?

・あたらしい知識やアイデアを発表し、共有していますか?

・役職、組織をこえて意見交換し、能力を活かしあっていますか?

・今あるやり方に満足していませんか?

・失敗や摩擦を恐れていませんか? 挑戦する仲間を応援していますか?



■私たちの利益とは、お客さまの笑顔の証。

 お客さまの繁栄は、私たちの繁栄。


お客さまに感動をご提供できた証が、私たちがお預かりする利益です。

その利益は、次の感動を生み出す資源にならなければいけません。

コスト意識、正しい取引、大切な情報や仕事のノウハウの管理などを通して、

私たちが、より強い財務体質、健全な企業になることは、

お客さまのご期待にお応えすることでもあるのです。


・昨日より今日、職場や仕事の仕方を改善できましたか?

・指示を待つのではなく、自ら進んで行動していますか?

・「ムダ」「ムラ」をなくす具体的な工夫をしていますか?

・お取組先とは対等な関係ですか?「ムリ」を強いてはいませんか?

・三越伊勢丹グループやお取組先の内部情報を、うっかり口に出していませんか?


どうでしたか?

「新しさへの挑戦」と「お客様の感動の証がお預かりする利益」

というのがいいですね。^^



そうそう、

「経営理念は一度決めたらずっと使うものだから、

 なかなか決められない」

という社長さんがいます。



そんなのいいんです。

とりあえず決めておいて変えたくなったら変えれば。

お客さんはもちろん、社員だってどうせ覚えちゃいません。(笑



今、これだと決める勇気。

違うと思ったら変えられる勇気。

この二つの勇気さえ持ち合わせていれば、

いつだって立ち止まることはないのです。^^



【質問】経営理念は、ありますか?



当社経営理念は「中小企業を元気にする」。

そのためならなんでもできますし、それ以外は何もしません。^^


メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/