私が新卒で最初にコンサルタントとして支援した会社は、

関東地方の町工場。

社長を先頭に朝から晩まで生産現場で

一生懸命バタバタしていました。



お話しを聞いてみると、

次のような悪循環に陥っていました。



適正在庫がない
 ↓
お客さんからの注文に商品がない
 ↓
生産計画の急遽変更
 ↓
ラインの組換えロス
 ↓
もともとの生産計画が間に合わない
 ↓
夜遅くなる
 ↓
生産効率が落ちる
 ↓
適正在庫が作れない



その悪循環を断ち切るためには、

・休日出勤しての大掃除

・適正在庫の積み増し

・お客さんに対して発注点の徹底

などの痛みが伴います。



その会社の長い歴史では、

年末以外に大掃除をしたことはないし、

休日出勤もしたことはないし、

営業さんの無茶振りが生産現場を混乱させていました。

まあそういう風土だったんですね。



それを私が社長、幹部、現場の長、パートさんを説得して、

というより、コンサルタントの小僧が騒いで仕方がないから、

自分たちでそう言い出すように持っていきました。^^;



結局、月に2回の休日出勤を何ヶ月か繰り返して、

適正在庫の積み増しと生産現場の改善を進め、

最終的には残業時間もだいぶ減りました。

(その後パートさんの時給アップもお願いしました)



会社を良くすることについて、

ほとんどの人が総論賛成、各論反対です。

つまり自分の痛み(変化)は嫌。



まあそれでも、

どうにかこうにか前に進めるしか、

経営者にとって道はないんですけどね。



【質問】どんな痛み(変化)が、必要ですか?



変化は痛みではなく、快感です。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/