以前は「いやだなぁ、きらいだなぁ」

と思っていた人が、

最近、なんだか好きになってきました。^^;



具体例を挙げると・・・、

江頭2:50さん、出川哲朗さんなど、

「うるさいだけでいったい何が面白いんだ」と思っていたのですが、

芸に対するプロ根性を感じるようになって、

面白いと思うかどうかは別として「好き」になったり・・・。



ゴリ押しと言われていたころの剛力彩芽さんは、

テレビに映るだけでチャンネルを変えていましたが、

今見ると「あれ?かわいいじゃん」となったり・・・。



アルソックのCMに出ている吉田沙保里さんは、

「生理的に苦手・・・」となぜか思っていたのですが、(汗

「あれ?けっこう好きかも」となってきました。。^^;



マツコ・デラックスの言葉です。

「嫌いは好きの裏返し、本当の嫌いはさようなら」

ううーん、確かにですね。^^;

本当の嫌いはただの無関心です。



そうそう、フェイスブックでつながっている人で、

実は苦手な人が何人かいます。^^;

その人の投稿を見ると、

「うわぁ、またそんなこと言ってるよ・・・」と思うのですが、

タイムラインを遡ってまで投稿を確認してしまいます。

これは好きになってしまう可能性大です。(笑



考え方としてですが、

自分が死ぬ瞬間に嫌いなものがたくさんあったら

あまり面白くないですよね。

人生というのは嫌いな人(こと)をなくすための

修行なのかもしれません。



こんなことを言うと社長さん方から、

「サボったり、ウソをついたりするような社員を

 好きでいろって言うんですか?」

と言われるかもしれません。



はい、そうです。(キッパリ

だって、そういう人も、なんだかちょっと、

かわいいじゃないですか。^^

「うわぁぁ、、でも好き」みたいな感じで。(笑



その上で経営者としての合理的判断として、

「サボったり、ウソをつくなら辞めてね」(ニッコリ

というのはもちろんしなくてはなりません。



嫌いな人(こと)がいなくなるのが人間の成長です。(たぶん

嫌いな人(こと)に、心が囚われていては、

自分の人生がもったいないのです。



【質問】嫌いな人は、誰ですか?



でもすぐに、好きになっちゃうかもしれませんよ。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/