先日、神田昌典さんのセミナーを聴いてきました。

神田さんは常に人口動態から世の中を見て考えています。

そんな神田さんのお話しを勝手に意訳してみます。^^;



人口動態で注目するべきは、

ボリュームゾーンである団塊世代と

団塊ジュニア世代です。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/81-1a2.pdf



お金を持っているのは団塊世代(66~68歳)ですが、

消費の中心は41~44歳の段階ジュニア世代です。

人生で一番お金がかかる平均年齢が43才と聞いた気がします。



だから今、景気がいい。

アベノミクスだけじゃないんですね。

人口動態的には最後の追い風が吹いているところです。



で、その団塊ジュニア世代ですが、

「金持ちと父さん貧乏父さん」が大ヒットした

2000年には20代後半でした。



この本を読んで、

「サラリーマンだけじゃあいかんなぁ」

と思ったのでしょう。



じわじわとそんな価値観が浸透してゆき、

2007年には勝間和代さんの

「年収10倍」シリーズがヒット。

30代半ばで学ぶことに目覚めました。



そして学んできた人が41~44歳になった今、

何に目覚めたか。

それは教えることです。

学びたい人が教えたい人になりました。



だから本屋さんに行けばコンサルタント、

コーチ、セラピスト関連の本が目白押しです。

みんな誰かに教えたい。(笑



でも団塊ジュニア世代の下にはもう

ボリュームの大きな世代はありません。

となると教えたい人が過多の状況になります。



うーん、これは大変だぁ。。^^;

でもこれを日本だけでなく地球規模で見た時、

アジアは学びたい人がたくさんいる成長期を迎えます。



アジアで教えることができる人が、

これから強いかもしれません。

と、神田さんが言っていた気がします。(笑



【質問】さてどうやって、これから生きてゆきましょうか?



時代の波を見極めて、強く生きるのです。^^



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/