昨日は統一地方選でしたね。

私のビジネス系の友人も何人か、

選挙のお手伝いをしていました。



で、その人たちが総じて言っていたのが、、

「(選挙事務所の誰もが)ほとんど何も考えていない」

「びっくりするほど行き当たりばったり」

ということらしいです。^^;



確かに我々ビジネス系の人間は、

この言葉とこの言葉はどっちが反応率が高いのかとか、

行間は1.8ポイントがいいのか2ポイントがいいのか、

なんて細かーいことを、日々検証してます。^^;



そこで、もし私が選挙参謀としてお手伝いをするとしたら

どうするかなぁ、と少し考えてみました。^^



まず、ミッション、候補者の目的です。

「当選すること」は目的ではありません。

「どういう社会を実現するために立候補するのか」

が立候補のそもそもの目的(のはず)です。



その目的に共感してくれた人が投票をしてくれます。

「名前を連呼して握手をすれば当選する」

というのは今や都市伝説ではないでしょうか。^^;



例えば役所の福祉課に勤めていたある候補者は、

「シルバー人材の雇用確保」と

二児の父としての「子育て支援」を

旗印に立候補したそうです。



言っちゃあわるいですけど、ブレブレですよね。^^;

どんな社会を実現したいのか、誰を幸せにしたいのか、

なにも見えてきません。



それでいて通勤時間帯の駅前で

毎朝一生懸命演説をしたりしています。

いったい誰に何を伝えたいんでしょう?^^;



まあ仮に、地域的に得票数が見込みやすい

シルバー人材の雇用確保をメインに

据えたとしてみましょうか。



でも、シルバー人材の雇用確保。

刺ささりますかね?これ。

そもそも雇用確保って誰に向けた言葉でしょう?



働きたいのに働くことができない人?

もしくは働きたくないのに働かざるを得ない人?

人材不足でシルバー人材を活用した経営者?



マーケティング的には悩みとか怒りにフォーカスします。

仮に働きたいのに働くことができないシルバー世代の人が

当選に必要な人数いたとします。



「シルバー世代のあなたが働く場所を見つけることができないのは、

 これこれこういう理由があるからです。

  →問題点の明確化

 今のままではますます難しくなってしまいます。

  →問題点の焙りたて

 そこで私はこういう政策を実現します。

  →解決策の提示

 そのためにあなたとあなたの仲間の力を貸してください」

  →具体的行動の呼びかけ



そしてあとは刺さるキャッチコピー。

「シルバー人材の働ける場を3倍に増やす田島大輝でございます」(笑

いや、ちょっと違いますね。。^^;



具体的事例ではなくて説明がうまくないのですが、

「ミッション→ビジョン→戦略→組織→戦術」の

ミッションピラミッド流れで考えると

選挙も戦いやすいのかなと思っております。^^



ミッションピラミッドについて

もう少し詳しく知りたい方はこちらで。^^

http://yurui-business.com/mission-pyramid



【質問】どういう社会を実現するために、経営をしていますか?



当選or経営が目的では、困るのです。^^;



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^
http://yurui-business.com/mailmag/