c95a7662-s


ビジネスがうまくいっている会社は、

商品=課金という当たり前のキャッシュポイントではなく、

少しズラしたキャッシュポイントを

設定している場合があります。



例えば私のようなコンサルタントが、

社長の相談に乗ってお金をもらうというモデルに固執すると、

けっこう難しかったりします。



相談に乗ってもらってお金を払う、というのは

相談するほうからすると価値が見えない分、

ハードルが高いんですね。



でも私がビジネス喫茶のような店を開店して、

「コーヒーを頼むと相談に乗ってもらえる」というのであれば、

もう少し気軽に行ってみようか、という気になるかもしれません。



また、このメルマガで課金をしようとしたらなおさら大変ですね。

だから私の場合、中小企業社長が購入しやすいマニュアルの

形にして販売しています。



そうすると「いつものメルマガ代だと思って買います」

と言って買っていただける社長さんもいます。(笑

ありがとうございます。^^



商品そのもので課金することに固執せず、

与える価値に対してお客さんがお金を払いやすいモノを

用意しましょう。



今井さんが最近発売したこちらの教材でも

詳しく話してくれています。


■キキと起業



空を飛べる魔女のキキは宅急便をしてもいいし、

時計台の高所清掃員になってもいいし、

魔女のレスキューとして市役所に勤める公務員になってもいい。

そんな柔らかい発想を学べます。^^



【質問】価値と商品と課金の関係を、理解していますか?



商品そのもの価値だけで勝負をしようとすると、ツラいかもですね。^^;