sfadgt45tyu
 

友人から、


「田島さんが言っていることとよく似ている」と言われ、


読んでみました。



■嫌われる勇気

 http://yurui-business.com/kirawareruyuuki




けっこう長い期間、


アマゾンのランキング1位を続けている


アドラー心理学の本です。




ほほー、こりゃ確かに。^^


私が言いたいことそのものズバリだったり、


ぼんやり思っていたことを言葉にしてくれています。




いろいろ勉強になったのですが、


まだ咀嚼中でして、


印象に残ったことをシェアしたいと思います。




人間関係を「縦で捉える人」と「横で捉える人」がいる、


ということです。




縦で捉える人は、常に年上と年下、上司と部下、


学歴、職業、収入、身長、住んでいる場所、車など、


上下関係の比較の中で生きています。




横で捉える人は、それぞれの人が、


平地で好きな方向に歩いているイメージ。


肩書きではなく対人間ということなのでしょう。




何人か友人、知人の顔を思い浮かべてみると、


縦傾向の人、横傾向の人がいることに気づきます。


私は極度の横傾向のようです。




そういえば、縦傾向が強くて偉い人に、


「お前は生意気だ」と、


私はよく怒られていました。^^;




縦傾向の強い、常に上下で測る人は大変です。


上には服従、下には尊大。


自分の価値観では生きられません。




また人生のスパンで見ると、


子供の頃は最上で最下層から始まり、


努力をして徐々に登りつめてゆき、


ところが年齢をとるとどこかで落ちてゆきます。


いつか絶対に負けることが見えている人生というか。。




他者との比較の中で生きるのではなく、


理想の自分との比較で生きること。


自分の人生を、歩きましょう。




【質問】あなたは縦の人ですか? 横の人ですか?




いつだって「人間」対「人間」なのです。


 

 

メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/