dasfghrfgs

数ある神田さんの著書の中で、

 

今だにナンバー1の売れ行きの本、

 

「非常識な成功法則」が漫画になりました。^^

 

 

■マンガでわかる 非常識な成功法則

 http://yurui-business.com/hijyousiki

 

 

 

私は書籍版の方は繰り返し10回くらい読んでいますが、

 

やっぱり漫画は読みやすくていいですね。^^

 

 

 

内容は、今でももっともだなと思うところも多いですし、

 

感覚的にちょっと古いな、違うかなという部分もありますが、

 

大いに学びがあると思います。

 

 

 

ただ今日のメルマガの話題は本の内容ではなく、

 

アマゾンのレビューについて。

 

 

 

この本はまだ出たばかりでレビューの数は多くありませんが、

 

神田さんのレビューは星が5つと1つで

 

激しく分かれることで定評があります。(笑

 

 

 

神田さんが何かの教材で言っていたのですが、

 

自分で起業する前は他人の本に対するレビューを

 

ボロクソに書いていたそうです。^^;

 

 

 

他人を貶すことで優越感を得て、

 

現実にダメな自分の自我を

 

どうにか保っていたようなことを言っていました。

 

批判をする人の方が簡単ですからね。

 

 

 

激烈な言葉で批判をする人がいます。

 

私のことをご自分のブログで楽しく書いていただいている方も

 

世の中にはけっこういるようです。^^;

 

 

 

ただ自分が使う言葉は自分に帰ってきますので、

 

激烈な言葉は注意が必要です。

 

 

 

他人のことを「詐欺師」と罵ると、

 

自分は絶対100%確信の持てる商品しか売れなくなりますし、

 

それすら絶対ではありませんので、

 

商売人のメンタリティとしてはかなり不利になります。

 

 

 

また「守銭奴、金の亡者」的な罵りをすると、

 

お金は本来色のない、ただのツールのはずなのに、

 

無意味にマイナスな感情を抱いてしまうことになります。

 

 

 

あと、ブログ等ではなく面と向かって激烈なクレームをしてくる人は、

 

相手を落ち込ませることでエネルギーを吸い取る吸血鬼です。

 

だから一番嫌なところをついてきます。

 

これも神田さんの何かの教材の受け売りです。(笑

 

 

 

そういう相手の場合には、

 

机の下等の見えないところで指を組んだり、

 

足をクロスさせて結界を作るといい、

 

というようなことを言っていました。

 

バーリア、という感じですね。^^

 

 

 

実は私もけっこう喧嘩っぱやくって、

 

バリアしておいて常に反撃の機会を伺っているタイプでした。

 

でした・・・!?(笑

 

 

 

でも最近は、そういう相手の見えない裏側を想像します。

 

これだけ激烈な言葉を使って批判をせざるを得ないほど、

 

辛い状況にあるんだろうなぁ、と。

 

 

 

日々、お客さんや上司から厳しく詰められているのかもしれない、

 

もしかしたら身内に不幸があったばかりかもしれない、

 

私には想像もつかないほど辛い目にあっているのかもしれない、

 

などなど。

 

 

 

そうすると、少しは、

 

激烈な言葉で批判してくる相手を包み込んであげられる気持ちに

 

なれることもあるかもしれません。(回りくどい・笑

 

 

 

その上で厳しく突っぱねることも商売的にはアリですし、

 

徹底的に包み込んで自分のファンにしてしまうこともアリです。

 

そこは自分の自由な選択です。

 

 

 

ええと、なんの話しだったでしょうか。^^;

 

まあ、そんな感じのお話しでした。(笑

 

 

 

【質問】激烈な批判をしてくる人がいたら、どうしますか?

 

 

 

まあ、もちろん嫌なんですけどね。(笑

 

メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/