hgfdaesfgbcvgf

グーグルアナリティクス等を使って、

サイトのアクセス解析をされている方は

少なくないと思います。



アクセス解析では、

どこからどういうキーワードで入ってきたか、

サイトの中でどういう変遷をしたかはわかりますが、

1ページの中でどこの部分に関心があり、

どこでページを見るのをやめたのかまではわかりません。



私はメインサイトの他に、

1商品1サイトを実践しているので、

本当に知りたいのは1ページの中の動きです。



そういう場合、

「ヒートマップ分析」を使います。



たとえばこちら。

■ptengine
 http://yurui-business.com/ptengine



ページの中でじっくり見られている部分は赤色、

見られていない部分は灰色という感じで、

サーモグラフィーのように直感的に見せてくれます。

またマウスの動き、クリックした箇所もわかります。



なんだか動きがバレバレで恥ずかしいですね。(笑

まあ個人までは特定されないのでよしとしましょう。^^



このヒートマップ分析を使って、

私の旅費規程活用マニュアルのサイトに

手直しを加えています。



私自身もいまいちだな、

つまらないなと思っている箇所はやはり灰色で、

離脱率が高くなっています。



だから思い切って削除したところ、

まあ当然のことですが、

先へ読み進んでいただける率が上がりました。



ただヒートマップ分析はあくまで、

既にある情報に対する分析で、

サイトを見る人が知りたい情報がそもそも書いてない場合、

有効な分析結果は得られません。



私が見る限り、

ほとんどの企業のサイトが情報不足、

知りたいことがわかりません。



宿泊するか検討しているホテルのサイトを見ても、

どうして部屋の写真が少なくてあれほど小さいのか。

現物があまり見せられないものかと思いきや、

行ってみたら思った以上に良かったりします。^^;



また工場の場合でも、

作業場、作業風景から誠実さがにじみ出ている場合は、

写真や動画で見せた方がプラスです。



うーんと、なんの話しかわからなくなってきました。。^^;

結局、売上が足りない、集客ができていないという会社は、

やるべきこと、やった方がいいことをやっていない会社です。



チラシでも、電話でも、サイトでも、

やれることは、たくさんあるのです。^^



【質問】やりたいことたくさんで、ワクワクしていますか?



来月から、本気出します。(笑



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/