fdsijodfsjoijodfs

子供のころ、お使いに行ったり掃除を手伝ったり、

宿題をしたことでお駄賃をもらったことはないでしょうか。

もうだいぶ遠い昔の話かもしれません。^^;



でもそういう形でお金をもらってしまうと、

「お金 = 嫌な作業をしたからもらえるもの」

という考えを持つようになってしまいます。



しかも作業をする前から金額が決まっているので、

「いかに楽をして作業を終わらせるか」

ということが合理的な考え方になります。



そしていずれ「お駄賃」がアルバイトの「時給」になり、

会社の「給料」になり、

給料の範囲内でしか仕事をしなくなります。



給料の範囲内の仕事しかしなければ、

当然給料は上がりません。

そしてますます手を抜くようになります。

これは幸せになりにくい考え方です。



では幸せになりやすい考え方はどういう考え方でしょうか。

「お金 = 嫌な作業をしたからもらえるもの」の反対になります。

「お金 = 楽しい作業をしたからもらえるもの」です。



そしてもらえる金額は「あらかじめ決まっているもの」ではなく、

「お客さんを喜ばせた分だけもらえるもの」です。



つまりお金(給料)とは、

「楽しい作業をして、

 たくさんお客さん(&会社)を喜ばせれば、

 たくさんもらえる」

ものです。^^



お客さん(&会社)を恨んでも、騙しても、

不幸になるばかりです。

自分が幸せになるための考え方を、

社員さんに教えてあげましょう。



今日のネタ元はこちらの本でした。^^

■夢をかなえるゾウ2



【質問】お金とは、なんですか?



感謝の形の、一つです。^^


メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^