dfasgdergfhdrse

「時間圧縮の不経済」という言葉があります。

定義を確認しようと検索をしてみたら、

2年前に私が書いたものが1位、2位でした。^^;

 

というわけで私が書いた定義はこちら。(笑

 

「時間圧縮の不経済とは、

 何かを習熟しようとした際に、

 それに取り組む総時間は同じであっても、

 コツコツと分けて取り組むのと、

 まとめて取り組むのでは効果が違い、

 まとめて取り組むのでは効果が薄い、

 ということ」


筋トレでも英語でも楽器でも、

一気にぐわぁー!っとやったところで、

肉体的、脳的に熟成させる時間が必要で、

なかなか効果が上がらないということですね。


これはマーケティングも同じです。

「この商品いいですよ」と紹介しても、

すぐに購入を決めることはありません。

熟成の時間が必要な商品もあります。

閑話休題。


「時間圧縮の不経済」は良くない状態なのですが、

その反対の良い状態を表す言葉が思い浮かびません。

時間膨張の経済性?(笑


なんだかよくわりませんが、

「締め切りに対して早めに手をつけることで、

 膨張できる余裕を確保する」

ということでしょうか。^^;


私の場合、例えばこのメルマガ、

基本的には前日に書き始めます。

でも悩んで手が止まってしまった場合、

他の仕事に手をつけます。


で、他の仕事が飽きたらまた戻ります。

それでも書けない場合は、積んである本でも読むか、

ジムに行きます。(笑


全ての仕事に早めに手をつけ、

手が止まったら次の仕事、次の仕事へと

クルクルクルクル回していくこと。

そして手をつけたら、1mmでも進めること。


そうしたら、なかなか進まない仕事も、

少しずつ進むようになるかもしれませんよ。^^


【質問】膨張させられる、時間は残っていますか?


締め切り効果も、ばかにできないんですけどね。^^;


メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/