sdfghfg

私が好きな、というか勉強になっている

「ギャングース」というマンガがあります。


■ギャングース[まとめ買い]



「職なし、学なし、犯罪歴あり。

 社会に見離された最底辺少年トリオが、

 生きるために裏稼業・悪徳業種の収益金を狙う

 闇の窃盗団を結成した」


というストーリーなのですが、

著者の鈴木大介さんが不良少年に綿密に取材をして

描かれています。



※この漫画は実話を基にしたフィクションです。

 ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、

 ぜひ防犯に役立てて下さい。


こんな注意書きが書いてあるくらい。^^;



その中で主人公の窃盗団が裏稼業のカネを強奪し逃げました。

その時に逃げる少年が言った言葉です。


「裏稼業のあいつらは完全に損得でしか考えない。

 稼ぎになると思えばどこまでも追ってくる。

 稼ぎにならないと思えばただの一歩も動かない。

 メンツとか言っているのは平和な奴ら」

(うろ覚え+脚色)



まあ確かに、綺麗な表の世界の人ほど、

メンツや感情が邪魔をして冷静な判断を欠いてしまう

という傾向はあるかもしれません。



私が考える正しい判断基準は次の通りです。

1.ミッション

  効率的にミッションの実現に近づいているか。

2.カネ

  合理的にカネを稼げるか。

3.感情

  上記2つを満たしていればいい気分と割り切る。



ミッションとカネをないがしろにして感情を優先するのなら、

裏稼業の判断基準にも劣ります。



ミッションとカネをなによりも優先して、

自分の感情は後回し。

でも感情的な折り合いをつける方法も知っている。

それが経営者なのです。^^



【質問】ミッション、カネ、感情、どの順番で判断していますか?



カネだけが判断基準というのは、すぐに淋しくなりますけどね。^^;



メルマガ登録でプレゼントもらえます。^^

http://yurui-business.com/mailmag/